JUNYA NISHIGAWA Photography
日本で唯一のプール専門水中フォトグラファー

TOKYO POOL LABO フォトスタジオオープン記念キャンペーン

11月20日にTOKYO POOL LABO内にできた「プールスタジオ」OPENを記念し《水中撮影体験キャンペーン》を開催致します!

【キャンペーン詳細】
■キャンペーン期間:12月3日〜12月15日
■撮影料金:50,000円(税別)(通常価格:150,000円)
■募集人数:先着限定5名
■撮影時間:1時間
■撮影場所:TOKYO POOL LABO(東京都足立区花畑4-33-4)
■カット数:5〜10カット程度(泳力や慣れによって変動します)
■撮影日時:1月末までの期間で調整可能です。
■応募方法:予約フォームに記入し、エントリーください。
      https://goo.gl/forms/5uJenTCqtP4ektA52
※キャンペーン期間は「撮影権利」の販売期間となっております。
権利購入後の、撮影可能期間は1月末までになります。



ABOUT

西川 隼矢 Junya Nishigawa

日本で唯一のプール専門水中フォトグラファー

公益社団法人日本広告写真家協会正会員
フォトプロダクション事務所MASH所属

アテネ五輪代表選考会にも出場経験のある元競泳選手。
水泳インストラクター、システムエンジニアを経て、
海で一回も撮影したことがない水中フォトグラファーとなる。

広告写真家の登竜門【APAアワード2017】にて
史上初のW受賞の快挙を達成(広告作品部門 3位、写真作品部門4位)

WORKS

【TV】
2017年11月27日 TBS「はやドキ!」に出演
2017年11月06日 TOKYO MX「カウントダウンTOKYO」に出演 

2017年10月30日 TOKYO MX「カウントダウンTOKYO」に出演
2017年08月07日 AbemaTV「最上もがのもがマガ!」に出演
2017年07月17日 TBS「はやドキ!」に出演
2017年07月02日 日本テレビ「シューイチ」に出演
2017年07月01日 TBS「王様のブランチ」に出演
2017年05月09日 テレビ東京「ゆうがたサテライト」に出演
2017年05月02日 NHK「首都圏ネットワーク」に出演
2017年04月21日 NHK「ひるまえほっと」に出演
2016年12月12日 TOKYO MX「テリー伊藤さんのまる金ライダー」に出演
2016年08月10日 テレビ朝日「スーパーJチャンネル」に出演
2016年07月15日 テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」に出演

【雑誌】
モノ・マガジン
Tarzan
VOLT
ベースボール・マガジン社 
スイミングマガジン

【写真展】
2016年06月 西川隼矢写真展「STAY GOLD 〜北島康介のこれから〜」@オリンパスプラザ東京
2016年06月 西川隼矢写真展「STAY GOLD 〜北島康介のこれから〜」@東京SC
2014年09月 西川隼矢写真展「水が魅せる世界」@中野サンプラザ
2013年01月 西川隼矢写真展「水が魅せる世界」@オリンパスプラザ大阪
2013年12月 西川隼矢写真展「水が魅せる世界」@オリンパスプラザ東京

【受賞歴】
2016年11月10日 広告写真家の登竜門「APAアワード2017」広告作品部門 優秀賞受賞
2016年11月09日 広告写真家の登竜門「APAアワード2017」写真作品部門 奨励賞受賞

【トークショー】
2016年06月 「西川隼矢写真展《STAY GOLD》に込めた想い」@オリンパスプラザ東京

【ラジオ】
2017年10月 『徳島LSC 純夏の waterside NOW!』ゲスト出演

Ad WORKS(代表作品)

Speedo

2014年 ポスター、WEB

SWANS

2015年 カタログ、ポスター、WEB

Aqua Sphere

2016年 カタログ、ポスター、WEB

mozo

2017年 WEB、ポスター

PORTFOLIO

プールでの水中撮影の魅力

浮遊感

無重力空間だからこそ取れるポージングや、服のシルエットがあり、作品はより「非日常」を演出してくれます。

水面鏡

波のないプールでは水面の鏡効果を利用したアーティスティックな写真が撮影しやすいのです!陸上では撮れない不思議な写真を撮ることができます。

肉眼より美しい

水中では赤色の波長が届きにくくなるため全体的に青っぽい写真になりがちです。しかし、パソコン上で現像することで陸上のような色を復元することができ、水中で肉眼で見るよりも美しい作品に仕上げることが可能となります。

透明感

どんなにいいカメラでも水質が悪いと画質は下がってしまうので、天候に左右されず、通年を通じて高い透明度を維持できるのがプールの良いところです。

多灯ライティング

水中では光の強さや当てる角度がとても重要です。海では自然光が中心となりますが、プールではプールサイドからの多灯ライティングが可能なので、クオリティの高い作品が撮影できます!

背景の変更

背景に布を張ることで背景の色を簡単に変えることができるのもプール撮影のいいところです。

専用 POOL PHOTO STUDIO

プール撮影に特化した個室プールスタジオ

『究極の水中写真を追求する場所』

着衣NG、メイクNG、セット持ち込みNG、沈められるモノが限られる。

などなど、人様からお借りしたプールには制限が付きものである。

そんな制限がない、自由なプールで究極の水中写真を追求したい。

という想いの元、日本で唯一のプール専門のプロ水中フォトグラフォー西川隼矢が作ったのがTOKYO POOL LABOのプールフォトスタジオです。

ここで日々水中写真の可能性を模索し続けています。

スタジオの特徴

なんでも沈められる

通常断られがちな着衣での撮影、破片が落ちそうなアイテム、果物などの生物の撮影も可能

ポージング

プールサイドから水上へ橋渡ししたセットを組むことで顔や身体の一部分だけを撮影したり、複数のアイテムを固定して撮影することが可能

水温

水温が低いプールだと長時間の撮影がモデルの体力的に困難ですが、本スタジオは水温を32度以上に上げてモデルの方が寒くならない水温でゆったりと撮影できる環境作ることが可能

テザー撮影

テザー撮影で壁にかけられた大型スクリーンに撮影後すぐに写真を映し出すでモデルやディレクター、デザイナーとすぐに情報を共有し、スムーズで且つハイパフォーマンスな作品作りが可能

プールスタジオのあるTOKYO POOL LABOの詳細はこちら

お問い合わせ

撮影のご依頼・メディア取材・ご質問についてのお問い合わせはこちらから
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信